外構工事って何?諫早市で新築購入を検討の方へ徹底解説!

新築住宅を購入する際に間取りやインテリアについてはイメージしやすいと思いますが、素敵な庭や塀にも憧れますよね。

 

内装やインテリアについてはどのように動けばいいかイメージがつきますが、庭や門扉を理想通りにするにはどのようにすれば良いかわからないし、どんな種類があるかわからないといった方も多いと思います。

 

今回はそのような方に向けて外構工事の種類や、メリットとデメリットについて解説していきます。

外構工事とは

外構工事とは住宅に付随する門扉や庭、塀や駐車場といった敷地面積内の住宅以外の工事を指し、エクステリア工事ともよばれます。

 

新築工事の場合は住宅の内装や間取りにもこだわりたいですが、お客様を自宅に招待した際に最初に目につくのは庭や駐車場といった部分です。

 

一生の買い物である自宅の購入をするのであれば、間取りやインテリアだけでなく庭などのエクステリア関係にもこだわって最高の住まいにしたいですよね。

 

外構工事のメリット

外構工事を行うメリットは3点あり、外観のイメージを自分でつくれること、収納スペースを作成できること、プライバシーの確保ができることです。

 

ひとつ目の外観のイメージづくりですが、自宅の外観は建物だけでなく、庭や塀込みで見られるため外構工事をこだわって行うことで、自分の望むイメージの住まいをつくることができます。建物がきれいでも庭が汚かったり、建物と塀のイメージが合っていなかったりということがあると、まとまりのない印象を与えてしまう場合があります。外構工事を行うことで第一印象からつくりこむことが可能になります。

 

二つ目の収納スペースの作成ですが、エクステリア工事のなかには物置やウッドデッキの設置も含まれますので、庭にも収納スペースをつくることができます。

 

自宅に置きにくい車のタイヤやアウトドア用品などの保管場所を外に設置することで、自宅を汚さずに保管できますし、出し入れもかんたんになります。

 

三つ目のプライバシーの確保ですが、玄関が道路に面しているなど玄関を開けると家の中まで見えてしまう、などという問題も塀や門扉を設置することで解消できます。

 

防犯の面でも外から中を見えづらくすることは大事ですし、家の中から外を見やすくするために照明を設置することも効果的です。

 

外構工事の注意点

外構工事を行うにあたって、注意すべき点も複数存在します。

 

敷地の面積が狭いのに凝ったつくりにしてしまったことにより閉塞感を覚えてしまったり、詰め込み過ぎてしまったせいで使い勝手が悪くなってしまったり、設置したが手入れが面倒で後悔したり…といった失敗談はよく聞きます。

 

せっかくの新築住宅の外構工事、行うのであれば失敗はしたくないですよね。

 

エクステリアカタログをたくさん読んだり、施工事例を見比べたりすることで、自分たちに合った外構工事を検討しましょう。そしてエクステリア業者と綿密に打ち合わせすることで、後悔のない外構工事を行いましょう。

外構工事の種類

外構工事にもさまざまな種類があります。基本的な外構工事を三種類ご紹介します。

 

オープン外構

オープン外構は門扉や塀を設置せずに道路と敷地の仕切りをつくらない、開放的なスペースをつくることのできる外構工事になります。

 

オープン外構のメリットは、外構物の設置面積が少ないため敷地のスペースを最大限に活用することができる点と、エクステリア建材の使用量が少ないため外構工事にかかる費用を抑えることができる点です。

 

一方で、仕切りをつくらないため近隣住民や通行人から敷地内をのぞかれる可能性があるというデメリットもあります。プライバシーを確保するために、外構工事以外での工夫が必要となります。

 

クローズ外構

プライバシー最優先の外構工事であり、自宅と道路の面する部分を門扉や塀で完全に区切る外構工事です。

 

道路から敷地内が見えにくい設計にすることができますので、子どもを庭で遊ばせたい時やバーベキューなどのアウトドアを楽しむ際も、周りの目を気にする必要がなくなります。

 

クローズ外構は重厚なデザインが多いため、高級感のある印象を出すことも可能ですが、一方で閉塞的な雰囲気になりやすく費用もかさむというデメリットがあります。また外から見えにくいため、空き巣や泥棒に入られた場合も人の目につきにくいという点も無視できません。

 

セミクローズ外構

セミクローズ外構はオープン外構とクローズ外構の両方の特性を活かした外構工事になります。フェンスや壁をほどよく設置することにより開放感を出しつつも、プライバシーを確保するという外構工事です。

 

ですが、設計をしっかりしないとオープン外構とクローズ外構の特性を活かすことができず、中途半端になってしまう場合も。オープン外構に比べてエクステリア建材を設置する量も増えるため、費用も高くつく傾向にあります。

まとめ

諫早市は長崎県の中央に位置しており、長崎県で第三位の人口を有する市になります。海に囲まれており自然も豊富なうえ、商業施設や病院も充実しているため子育てに適した街です。

 

子どもを庭で遊ばせることや、近隣住民を招待してのバーベキューなどを検討されている方は、目的を見越した外構工事が必要になります。車移動がメインの土地のため、駐車場やガレージ、カーポートの設置など自家用車に関する外構工事も必須になってきます。

 

「トミーズホーム」は諫早市近郊をメインに営業していますので、街に合った外構工事を提案することが可能です。不安な点やご相談いただいた点をもれなく解消し、ご希望に沿った工事を行えます。

 

諫早市近郊での外構工事をお考えの方は、ぜひご連絡ください。

お問い合わせ

  • 電話番号: 0957-32-3552
  • お問い合わせ

対応エリア

諫早市/大村市/島原市/雲仙市/南島原市 など
※その他エリアは一度お問い合わせください