ZEHとは?

ZEH

ZEH ゼッチ

ZEHとは?

ZEH(ゼッチ)とは、省エネと創エネを組み合わせて、住宅のエネルギー消費量を±0にする次世代の家のことです。光熱費無料はもちろん、売電による収入も夢ではありません。

これからの日本住宅のスタンダート。発電する量が消費エネルギーより多い住まい
使う電気>創る電気

ZEHには国の補助金が交付されます


新しく家を建てる方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。

この補助金を受けるには、政府が認定したZEHビルダー登録事業者から申請を行いゼロエネルギーハウスとして認定される必要があります。

またこの補助金は、政策目標の達成のための施策でありますので、ZEHの普及とともになくなることが予測されています。

補助金の対象事業には、仕様別にZEH、 ZET+、 ZEH+Rなど        

それぞれに補助金額が設定されています。

詳しくはお問い合わせください。

住宅をZEH化することのメリット

2020年には新築住宅の過半数がZEHになると言われています。

高断熱外皮と省エネ設備の組合せが暮らしの価値を高めます。

  • 家じゅうが断熱施工によって「夏涼しく」「冬暖かい」快適空間に。
  • 断熱と省エネを組み合わせることにより、少ないエネルギーで快適性を確保。
  • 冷房・暖房、給湯などの温度設定を控えめにしても快適。
  • 気密性も高くなるので温度ムラが発生しづらい。
  • 小規模な太陽光発電による創エネルギー量でもゼロ・エネルギー達成が可能。

ZEH事業計画への当社の取り組み

ZEHの周知・普及に向けた具体策

自社ホームページに公表し、また広告や見学会などで ZEH 登録業者であることの PR を行う。ZEH 仕様の新築住宅見学会を開催しお客様にこれからの住宅における省エネ設備などの必要性を説明する。同時に地域社会に向けての普及活動に努めます。

2. ZEHのコストダウンに向けた具体策

一戸でも多くの ZEH 取り組みを推進するとともに、ZEH の仕様を標準化することで、材料の無駄を省く事はもちろんのこと、年内の仕様数量を増しメーカーへのコストダウンを図るよう努めていきます。

3. その他の取り組みなど

ZEH 関連の省エネ勉強会などに積極的に参加をし、自社職人や関連業者に向けての ZEH 勉強会を定期的に開催し、全ての業者に普及承知ができるよう取り組みます。

2020年度までのZEH普及目標の設定

ZEH実績報告及び今年度から2020年度までの
新築戸建住宅におけるZEH普及目標を設定しましたのでお知らせいたします。

2016年度 0%
2017年度 30%
2018年度 40%
2019年度 50%
2020年度 60%

※2016年度(平成28年)は、ZEH自体の一般認知度の低さに加え、弊社の取り組みの遅れもあり、実績は0%のなので未達となりました。2017年度(平成29年度)からはお客様への普及推進に努めていきたいと思います。

ご相談無料 お問い合わせ・資料請求